ZEHの基準を超える「高気密・高断熱・高耐震」above

安心・快適な住まいのために~気密性・断熱性・耐震性について~

安心・快適な住まいのために

「アトリエ建築家とつくる家」の魅力は、その高いデザイン性だけではありません。標準仕様で長期優良住宅の基準をクリアする、性能の高さも大きな特徴です。横揺れにも強い耐震性と、快適・エコ・節約を実現できる高気密・高断熱。家族が安心して暮らせる家には、これらの性能が欠かせません。

こちらでは、「ツダタツ」がご提案する住まいの性能について、詳しくご紹介します。

気密性について

気密性について

気密性の高さは、「C値」という指標で示されます。これは「1m2あたりの隙間の量」を示し、隙間が少ない(C値が低い)ほど「すきま風が入りにくい」、つまり気密性が高いということになります。

日本の温暖地域では目標値が5.0(cm2/m2)。一般的には1.0(cm2/m2)で高性能と言われます。そして、ツダタツがご提案する「アトリエ建築家とつくる家」の標準値は0.5(cm2/m2)。一般に高性能とされる住まいをしのぐ性能を持っています。

気密性が高い住まいは、外気が室内に入り込みにくく、室内の空気が外に逃げにくい。つまり、部屋の中を「冬暖かく、夏涼しい」、快適な状態に保ちやすくなります。また、冷暖房の使用量を減らすことができ、エコ・節約にもつながります。

気密性について

断熱性について

断熱性について

「家の中の熱を、どれだけ外に逃さないか」という性能のことを断熱性と言います。断熱性が高ければ家の中の熱が逃げにくく、たとえば冬なら暖房の効きが良いといったメリットが得られます。断熱性能はQ値(熱損失係数)とUA値(外皮平均熱貫流率)という2つの指標で表され、どちらも数字が小さいほど性能が高いということになります。

ツダタツがご提案する住まいは、Q値・UA値ともに全国省エネ基準を大きくしのぐ、高い断熱性能を確保しています。そのため、快適・エコにつながることはもちろん、冷暖房のコストダウンも可能に。高い断熱性で、「ランニングコストが少ない住まい=燃費の良い住まい」を実現します。

通常、同等クラスの高気密高断熱住宅では、一般的に本体坪単価65~75万円程度と言われています。

省エネ基準地域

ツダタツの平均
4(旧Ⅲ)地域

大阪6

Q値 2.4W/m2・K 2.7W/m2・K

2W/m2・K

UA値 0.75W/m2・K 0.87W/m2・K

0.5W/m2・K 以下


ツダタツでは、仕入ルートの無駄や工程の無駄を徹底的に排除することで、57万円/坪(31坪の場合)を実現しました。

耐震性について

耐震性について

ツダタツではさまざまな工夫・取り組みを行い、高い耐震性を実現しています。

オリジナルのパネル工法を採用

在来木造軸組工法に加え、オリジナルの耐力面材「R+houseパネル」を使用。建物にかかる力が分散し、横からの強い力にも耐えられる住まいを実現します。

震度6~7の強い地震でも倒壊・崩壊しないという建築基準法と同等の耐震等級が「等級1」です。「等級2」になると、等級1で想定される地震の1.25倍耐えられるということになります。

ツダタツの家は全棟、その「等級2」以上を確保しています。いつ起こるかわからない東海トラフ地震に備えて、家族を地震から守る家をご提供しています。

地震の横揺れ・液状化にも強い地盤改良工法を採用

従来の地盤改良工法は、鋼管やセメント柱で家を支える方法。これは、大地震時の「せん断力」に弱いとされています。そこでツダタツでは、地震の横揺れ・液状化にも強い地盤改良工法「HySPEED工法」を採用。地盤そのものを強くする方法で、共振を和らげる効果があります。

専門家が耐震性をチェック

構造を専門とする設計士が、荷重・風圧力・地震力・接合部の確認・基礎の設計・偏心率といった、あらゆる面から耐震性をチェックします。

PICK UP!長期優良住宅なら税金もお得になります。

長期優良住宅なら税金もお得になります。

住まいが短期間でダメになってしまうと、解体時の廃棄物排出量が増え、環境負荷につながります。そこで、国はこれを防ぐために「長期優良住宅」に対する税金の優遇制度を設けています。国の基準をクリアして長期優良住宅の認定を受けると、各種減税・ローン金利の優遇などが受けられます。

ツダタツがご提案する住まいの標準仕様は、長期優良住宅の基準を上回っているため、これらの優遇制度の対象となります。申請もお手伝いしますので、ぜひご相談ください。

建築家との家づくりについて、詳しくご紹介しています。

アトリエ建築家との家づくり

住まいづくりの費用が気になる方へ

こだわりの家づくりを手の届く価格で

「アトリエ建築家との家づくり」についてもっと知りたい!と思ったら、いつでも気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談は、お電話またはメールフォームにてうけたまわっております。無料相談会・勉強会・イベント予約

  • 無料勉強会・見学会の予約
  • お問い合わせ・ご予約
  • Go top